Adobe CCのアップデート後にCPUの使用率が高くなる不具合

Mac OS X El Capitanを使用していますが、Adobe CCのアップデート後からMacの動作が突然鈍くなってしまったのでアクティビティモニターで確認したところCCX ProcessとCC Libraryのプロセスがメモリを占有していることが分かりました。対処方法としてメモリを占有しているプロセスを終了して使っていましたが、しばらくすると勝手に起動してまた遅くなるのを繰り返していました。仕事にも支障が出るので解決方法を検索してみるとアドビのサポートのツイートに回避方法が説明されていました。暫定的な回避策でCreative Cloud デスクトップアプリケーションをアンインストールすると見事解決できました。