Google、HTTPS ページが優先的にインデックス−独自SSLでの構築を考える

グーグル株式会社は18日、デフォルトでのHTTPS接続を推進する一環として、同じコンテンツであれば、HTTPのページよりもHTTPSのページを優先的にインデックスするようにシステムを変更したと発表しました。(ウェブマスター向け公式ブログより)
これを受け、これからのサイト構築でHTTPS化するためには、共有SSLではなく独自SSLを利用する必要性が高くなってきました。SSLサーバ証明書といえばシマンテックやグローバルサインなど幾つかの認証局ブランドがありますが、主に「知名度」と「信頼性」で価格差が生じており単にHTTPSのページにするだけであれば高価なSSLにする必要はありません。ジオトラストのラピッドSSLであれば年額1,500円(税別/2015年12月現在)で利用できますので非常に安価に始められます。ラピッドSSLの取得可能な団体は、企業や団体以外にも個人や個人事業主も取得が出来ます。
手続きは、CSR(証明書お申し込みデータ)を作成し申し込み後、審査が行われ認証ファイルをアップロードすれば完了です。さくらのレンタルサーバなら、コントロールパネルからラピッドSSLを簡単に導入する事ができますのでレンタルサーバを含め独自SSLの導入をお考えの方におすすめです。
独自SSLを導入し認証ファイルをアップロードできればサイト全体をHTTPSへのリダイレクト処理を行わせます。.htaccessに次のように記述します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{SERVER_PORT} !^443$ [OR]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://design-matome.com/$1 [R=301,L]