デザインとまとめ社

中野 雄公さんにインタビュー

中野さんこんにちは ! まずは簡単に自己紹介をして頂けますか。

はい。はじめまして。愛知県出身、京都市在住の 36歳。中野雄公(なかのゆうき)といいます。
大学卒業後、会社員・会社役員を経験。会社員時代にフェルデンクライス・メソッドに出会い、働きながら 4年間 160日のプログラムに参加し無事卒業。国際資格を取得しました。 2020年に自分で会社を立ち上げて活動中です。
自分が子供の頃、「大人になりたくない。大人になったら大変で嫌な仕事をして生きていかなくてはいけないんだ …。」と思いながら育ってきました。 2018年に第一子が誕生した時、「自分の子供には大人になるのを楽しみにしてほしい」と強く感じ、「絶対楽しい大人になる!!好きなことをして人の役に立ち、人生を謳歌するぞ!!」と決意が固まり、未熟者ですが自分の成功を目指して一歩一歩進んでいます。

フェルデンクライス・メソッドがどのようなものか教えていただけますか。

イスラエル人のモーシェ・フェルデンクライス博士が発明した身体の動きから脳神経システムへ働きかける革命的なアプローチです。革命的と言うと怪しいのですが、本当に革命的だと思っています。
人間が持つ学習能力を使うのですが、僕たちって歩いたり、座ったり、手を使ってご飯を食べたりする動きの全てを幼少期に自分で学習して獲得してきているんですよ。このあたり前の事実に目を向けて、”大人になっても何歳からでも自らの動きを通して学びなおすことができること”を発見をしたのがフェルデンクライス博士の天才的なところです。
ちなみに博士は元々、物理学者で柔道家でもありました。レッスンの中には赤ちゃんの動き、呼吸、目の動き、柔道や禅・ヨガ、生物学、心理学など様々な要素が盛り込まれています。

フェルデンクライス・メソッドをどのようにして知りましたか。

結婚前、当時付き合っていた彼女(現在の妻)が資格を取りにトレーニングコースに通っていて知りました。当時の僕は全く興味がありませんでしたけど。「へ~なんか身体のことやってんだね。」くらいで。笑

普段はどういう形でフェルデンクライス・メソッドを教えていますか。

フェルデンクライスを使った運動発達サポート事業を運営しており、京都市の自宅兼スタジオやオンラインや WSでマンツーマン、多人数レッスンを行っています。
最近は、障害児へのマンツーマンレッスンがとても良い効果を感じていて力を注いでいるところです。
地元愛知にも生徒さんがいて、月に一度帰っており2拠点を行き来してレッスンをしています。

0歳からの発達障害運動発達サポート Stars

実際に学びたい人のためにレッスンをどのように行うか教えていただけますか。

オンラインではたたみ一畳分くらいのスペースを用意してもらいます。
まずは仰向けになり、全身を観察します。足、骨盤、背骨、腕、肩、頭 …。それぞれが床にどのように接しているのか。呼吸はどうなのか。普段意識しない部分に目を向け、自分の無意識にしていることに気づきます。その後は、仰向けのまま、横向き、うつ伏せ、座って、四つ這いなどレッスンごとに違う体制で動きの指示をしていくのでそれに沿って動きをしてもらいます。
動きに正解はなく、動きをすることでどんな気づきを得るのかということに集中します。ポイントは『ゆっくり、心地良い範囲で、頑張らない』ことです。自分がリラックスして”遊び心”のある状態が 1番学びが起こりやすいんです。
こんな風に 1時間かけて自分の身体をじっくり動かして探索していきます。最後に最初との違いを感じてレッスンは終了となります。

どのような人にフェルデンクライス・メソッドを受けていただきたいですか。

  • 自分の習慣を変えたいと思っている
  • 楽な身体の使い方を覚えたい
  • スポーツのパフォーマンスを高めたい
  • 今よりさらに良い人生を送りたい
  • 楽しい大人になりたい
  • たまにはスイッチを offにして気分転換がしたい
  • 疲れやすくて困っている …などですかね。

最後に学ぶ人たちに向けてメッセージをお願いします !

僕の人生に革命をもたらした素晴らしいメソッドです。続けていくことで身体の使い方だけではなく感覚・感情・思考にも影響があり、行動が変わってきます。視野も広がり、人生が楽しくなるハズです!!
是非、一度体験してみてください。どんな方でもご参加お待ちしております。

中野 雄公さんの学び